野菜の育て方・栽培方法

Ads by Google

茎ブロッコリーの育て方 (アブラナ科)

中間地・温暖地の露地栽培適期表(品種による違いあり。参考程度としてください。)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                           
                                         
                            
                              
                                         
                                 
●播種、▲定植、■収穫、=温床・トンネル
2月~3月、7月~9月が種まき時期です。
発芽適温20~25℃ 生育適温15~20℃ 好適土壌pH6.0~6.5
  • 株間50cm。
  • アオムシ、ヨトウムシの被害を受けやすいです。
苗の段階でアオムシに食害されると、葉がすべて食い荒らされることもあります。
苗の段階でのアオムシ防除はした方が良いでしょう。
頂花蕾は3~4cmになったら収穫します。それからは、側枝花蕾を順次収穫していきます。
アオムシ、イモムシは、トンネルの防除ネットを使用すると容易に防除できます。
ただ、茎ブロッコリーは大きく育ちますので、収穫時期に近くなるとトンネルのネットは外す必要が出てきます。
また、11月から2月は、アオムシ・イモムシの活動も低下するので被害がほとんどなくなります。
10月くらいまでは、防虫ネットを使いたいところです。
そこで収穫を冬の時期に設定すると防除しやすくなります。
茎ブロッコリーの病気・害虫・生理障害
アオムシ
害虫
モンシロチョウの幼虫。葉を食害します。
ヨトウガ幼虫
害虫
葉を食害します。
コナガ幼虫
害虫
葉を食害します。
Ads by Google