野菜の育て方・栽培方法

Ads by Google

オクラの育て方 (アオイ科)

中間地・温暖地の露地栽培適期表(品種による違いあり。参考程度としてください。)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                          
●播種、■収穫
5月ごろが種まき時期です。
発芽適温25~30℃ 生育適温20~30℃ 好適土壌pH6.0~6.5
  • 株間30cm。
  • 苗の時期にネキリムシの被害を受けやすいです。
  • 苗から初期段階にかけて、アブラムシの被害を受けると成長に悪影響を与えます。酷いときには、枯れてしまいます。
  • 果実はすぐに大きくなるので、こまめに収穫する必要があります。
種の表皮が硬いので、一晩、水に浸けてから種まきをすると発芽し易くなります。
直播で、水を十分与える機会がない場合(雨頼み)には、水に浸けると良いです。
ポットで育苗する場合には、水を十分与えるので、水に浸けなくても大丈夫です。

オクラは根が下にまっすぐ伸びる直根性なので、直播がよいとされています。
でも、苗が小さいときにはネキリムシ被害にあうことが多いので、育苗するのも手です。
ネキリムシについてはこちらの頁参照
成長するとかなり大きな葉になります(30cmぐらい)。
枝の付け根に蕾(つぼみ)がつきます。上向きにつきます。
萎んだ花はキャップのように実に被さっています。「スポッ」と取れます。
オクラは10cmぐらいの未熟果を収穫します。大きくなり過ぎると硬くて美味しくありません。
オクラの実の成長は速く、1日過ぎるとかなり大きくなります。
放っておくと20cm以上の大きさになります。

また、オクラの実の表面には細かい毛が生えていて、肌の弱い人は素手でオクラを収穫しているとかぶれます。
数多く収穫していると指の皮がただれることがあります。
実の長さが20cmになり、実の表面が割れてくると中の種は熟しています。
白色の種が、熟すと黒色になります。
オクラの病気・害虫・生理障害

左写真はネキリムシと呼ばれるカブラヤガ・タマナヤガの幼虫です。
双葉から本葉2、3枚の苗の茎が細いときに被害を受けやすいです。
地際の茎をバッサリ切られてしまうため、株全体が駄目になります。
苗のときに、アブラムシの被害を受けやすいです。葉の裏側、新芽につきます。
被害を受けると、葉は丸まり、株は枯れてしまいます。
上写真はハマキムシと呼ばれるワタノメイガの幼虫です。
葉の先端を丸めて中に幼虫が住んでいます。数が多くなければ、それほど被害は出ません。
ネキリムシ
害虫
苗のときに被害を受けやすい。地際の茎が切断されます。
アブラムシ
害虫
苗のときに被害を受けやすい。放っておくと株が枯れます。
ワタノメイガ幼虫
害虫
葉の先端部が筒状に丸められます。
Ads by Google