野菜の育て方・栽培方法

Ads by Google

ミニトマトの育て方 (ナス科)

中間地・温暖地の露地栽培適期表(品種による違いあり。参考程度としてください。)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
              
                                     
                        
●播種、▲定植、■収穫
3月~5月が種まき時期です。
発芽適温24~30℃ 生育適温20~25℃ 好適土壌pH6.0~6.5
  • 温度が低いと種が発芽しません。気温が低いとき(3月)は温床が必要です。
  • 株間50cm。
  • 余計な脇芽は除去します。主枝1本仕立てが一般的です。
  • 大きくなってくると支柱が必要になります。
  • 大玉トマトより病虫害を受けにくく育てやすいです。
  • 大玉トマトより甘味をつけやすいです。
ミニトマトの栽培は、大玉トマトとほとんど同じです。
ミニトマトは大玉トマトより病気になりにくく、栽培しやすいです。
一般的には、第一花が咲き始めた頃に定植しますが、うちでは早めに定植しています。
ミニトマトは、大玉トマトより茎や葉は細く、丈が伸びていきます。
脇芽もどんどん出てくるので、脇芽を摘んでいかないと藪のような状態になります。
仕立て方は大玉トマトと同じです。一般的には1本仕立てですが、2本以上の仕立ても可能です。
上写真は2本で仕立てています。
ミニトマトは大玉トマトより受粉しやすいので、ハウス栽培でも基本的にトマトトーンを使わなくても大丈夫ですが、 気温が低いときや高いときは自然状態では受粉しにくくなるので、トマトトーンを使うのが無難です。
普段から整枝を行わないと繁茂しすぎて収拾がつかなくなります。
ミニトマトの病気・害虫・生理障害
ミニトマトの病気・害虫・生理障害は、大玉トマトと同じですが、大玉トマトより被害は受けにくいです。 尻腐れや芯腐れは、ミニトマトではまず起こりません。
露地栽培では、オオタバコガやヨトウガの幼虫の被害を受けやすいです。
アザミウマ
害虫
果実に水脹れのようなものが出来ます。
コナジラミ
害虫
ウイルス病を媒介します。
サビダニ
害虫
無農薬ハウス栽培で発生しやすい。茎や葉を枯らしていきます。
タバコガ幼虫
害虫
果実を食い荒らします。
ヨトウガ幼虫
害虫
葉や果実を食い荒らします。タバコガ幼虫と違って大量発生するのでやっかいです。成虫が卵塊(数十個以上の卵)を産み付けます。
ハモグリバエ
害虫
葉に卵を産み付け、幼虫が葉の中を食い荒らします。ハウス栽培では放っておくと大量発生になります。
疫病
糸状菌(カビ)
露地栽培で発生しやすい。土壌中の糸状菌が原因で、雨が降ったときの土の跳ね返りで発症します。葉や茎を腐らせます。根元付近の茎をやられると株全体が駄目になります。
葉カビ病
糸状菌(カビ)
湿気が多いと発生しやすい。葉を枯らします。
すすかび病
糸状菌(カビ)
症状が葉カビ病に似ていて見分けはつきません。葉カビ病の農薬は効きません。葉カビ病耐性のある品種で葉カビ病のような症状が出た場合は、すすかび病と考えられます。
灰色カビ病
糸状菌(カビ)
湿気が多いと発生しやすい。果実のヘタの部分にカビが発生します。
うどんこ病
糸状菌(カビ)
乾燥してても発生します。葉の表面に白い粉のような点々が出ます。放っておくと葉が枯れます。
黄化葉巻病
ウイルス
コナジラミによって媒介されます。新葉が萎縮します。発生したら治療薬はないので、他の株に広がらないように株全体を処分します。
Ads by Google