野菜の育て方・栽培方法

Ads by Google

マイクロトマトの育て方 (ナス科)

中間地・温暖地の露地栽培適期表(品種による違いあり。参考程度としてください。)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
              
                                     
                        
●播種、▲定植、■収穫
3月~5月が種まき時期です。
発芽適温24~30℃ 生育適温20~25℃ 好適土壌pH6.0~6.5
  • 温度が低いと種が発芽しません。気温が低いとき(3月)は温床が必要です。
側枝の成長が早いです。放任すると収集がつかなくなります。
茎が細いので、上に伸びるより地を這うように成長します。
4~5本で仕立てると整理がつきます。
マイクロトマトは主枝が細いので、大玉トマトのような主枝1本仕立てより、複数本仕立ての方がよいと思います。
実の大きさは1cmぐらいです。
マイクロトマトの病気・害虫・生理障害

アブラムシです。葉の裏につきます。
大玉トマト、中玉トマト、ミニトマトに比べて、
アブラムシがつきやすいようです。
アブラムシ
害虫
葉につきます。
Ads by Google