野菜の育て方・栽培方法

Ads by Google

ピーマンの育て方 (ナス科)

中間地・温暖地の露地栽培適期表(品種による違いあり。参考程度としてください。)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
               
                                         
                   
●播種、▲定植、■収穫
3月~4月が種まき時期です。
発芽適温20~30℃ 生育適温25~30℃ 好適土壌pH6.0~6.5
  • 温度が低いと種が発芽しません。気温が低いとき(2月、3月)は温床が必要です。
  • 株間50cm。
  • 苗の段階でアブラムシの被害を受けやすいです。
  • 2本~4本で仕立てます。
ピーマンは温度(地温)が低いと発芽しません。25度ぐらいは、欲しいところです。
ナスやトマトより温度が必要です。2月、3月に播種するときは、加温が必要です。
苗の段階でアブラムシにやられると枯れてしまうことがあります。
苗段階を乗りきれば、病害虫にやられることはあまりありません。
2本~4本で仕立てます。脇芽は取り除きます。
花は次から次につきます。ただ、栄養不足や環境によって実にならない花が結構出たりします。
緑色のピーマンは熟す前の未熟果を収穫しています。
熟すと赤くなります。熟したピーマンも問題なく食べられます。
熟したピーマンは、少し酸味があって美味しいです。
赤、橙、黄色のカラーピーマンは、熟した実を収穫しています。
ピーマンが熟して緑色から赤色に変わるときは、黒っぽくなるので腐ってるかのように思えます。
ピーマンの病気・害虫・生理障害

アブラムシの被害を受けやすいです。
苗の段階で、アブラムシの被害を受けると枯れてしまうことがあります。

アブラムシは葉の裏や成長点(新芽の中心)につきます。 葉が萎れたりなど葉の様子がおかしいときには、葉裏や成長点をチェックします。
アブラムシ
害虫
苗のときに被害を受けると枯れることもあります。
タバコガ幼虫
害虫
実が食害されます。
Ads by Google