野菜の育て方・栽培方法

Ads by Google

受粉

トマトやキュウリなど果実を食べる野菜は、花が受粉する必要があります。
その花ですが、2種類あります。
一つの花に雄しべと雌しべがある両性花と
雄しべだけの雄花と雌しべだけの雌花に分かれている雌雄異花の2種類あります。

受粉するには、雄しべの花粉が雌しべに到達する必要があります。
両性花の場合には、花が風に揺すられるだけで花粉が雌しべに到達できたりします。
しかし、雌雄異花では距離があるので、主にミツバチのような虫に花粉を雌しべに運んでもらうことが多いです。

雌雄異花でも虫に頼らない野菜にトウモロコシがあります。
トウモロコシは、風で大量の花粉を撒き散らして雌しべに到達させています。

両性花は受粉しやすいので、放っておいても構いませんが、
雌雄異花の場合は、虫頼みでは不安があります。
そこで、積極的に人工的に受粉させることがあります。
実際に行う作業は、雄花の雄しべを取って、雌しべに接触させることです。

雄花の花びらを切り取って、雄しべのみにします。この雄しべの花粉を、雌花の雌しべに着けます。
ウリ科の野菜は雌雄異花なので、人工授粉を行うことが多いです。
ハウス栽培のスイカ、メロン、カボチャ、ズッキーニは、人工授粉を行います。
露地栽培ではミツバチなどによって自然に受粉もしますが、確実に受粉させるために人工授粉を行うことが多いです。
また、収穫日は受粉してからの日数が目安になるので、人工授粉するメリットがあります。

キュウリはウリ科ですが、受粉しなくても果実が肥大する(単為結果)ので人工授粉は行いません。
両性花でも人工授粉する野菜に、トマトとイチゴがあります。

イチゴは、種のように見える粒々それぞれが果実で、この粒々全てが受粉しないと、イチゴの形が悪くなるので確実に受粉させます。
農家では株数が多いのでミツバチを使いますが、家庭菜園のように数が少ない場合には、花の中を筆でかき回して人工授粉させます。

トマトは風などで揺すられれば受粉しますが、施設内で栽培することが多く、風などで揺すられることも少ないので人工授粉が行われます。
農家では、ミツバチを使うかホルモン剤を花に噴霧します。
Ads by Google