野菜の育て方・栽培方法

Ads by Google

雑草で堆肥を作ってみました。

雑草と米ヌカを原料に堆肥を作ってみました。


雑草と米ヌカを入れます。


よく混ぜて、水を入れます。満遍なく濡れるように水を入れます。


3日ぐらい経つと、表面に白いカビが繁殖します。


10日ぐらい経つと、表面全体に白いカビが繁殖します。

2週間ぐらいで掻き混ぜます。中は、ほとんど分解されています。
茎などの硬い繊維質以外は分解されています。

雑草は分解しやすい原料です。
原料によっては、分解しにくいものがあります。
野菜クズを原料に使う場合、注意が必要です。
キャベツは、初期の段階で乳酸菌による分解がおき、酸性化します。
酸性化すると分解菌の活動は悪くなるので、分解が進まなくなります。
生ゴミも酸性化しやすいので、注意が必要です。
酸性化しやすい原料を使う場合は、石灰を入れてアルカリ性に保ちます。
Ads by Google