野菜の育て方・栽培方法

Ads by Google

野菜の好適土壌pH

野菜には、育ちやすい土壌のpH(酸性、アルカリ性)があります。
土壌pH6.0~6.5ぐらいにしておくと、大体の野菜には対応できます。

野菜の育ちが悪いときには、土壌pHが関係している場合もあります。
化成肥料は、土壌を酸性にする傾向があります。そのため、畑は酸性側に偏りやすいです。
酸性側への偏りを補正(中和)するために、一般的に肥料とともに石灰を入れるわけです。

アルカリ性寄りの野菜は、注意が必要です。
ホウレン草などは、育ちが悪いとき、土壌pHが低すぎる場合があります。

【各野菜の好適土壌pH】
pH5.05.56.06.57.0
トマト
ナス
ピーマン
シシトウ
トウガラシ
きゅうり
カボチャ
ズッキーニ
プリンスメロン
マクワウリ
スイカ
ゴーヤ
サヤインゲン
サヤエンドウ
エダマメ
ソラマメ
シカクマメ
落花生
オクラ
とうもろこし
イチゴ
ゴボウ
サツマイモ
ジャガイモ
タマネギ

pH5.05.56.06.57.0
pH5.05.56.06.57.0
ホウレンソウ
小松菜
チンゲンサイ
キャベツ
メキャベツ
ブロッコリー
カリフラワー
ロマネスコ
ハクサイ
ナバナ
コールラビ
レタス
セルリー
パセリ
春菊
ミズナ
カラシナ
シソ
バジル
クウシンサイ
ネギ
ニラ
アスパラガス
人参
大根
カブ
pH5.05.56.06.57.0
Ads by Google